乳酸菌を含む食品は?

乳酸菌が健康や美容のために重要なものとなっているということは多くの人が知っていることでしょう。乳酸菌を摂るために毎日ヨーグルトを摂っているという人も少なくないのでは?

乳酸菌を豊富に含んでいる食品は何もヨーグルトに限ったものではありません。日本古来の食品にも多くの乳酸菌が含まれています。

そもそも乳酸菌といっても乳製品に含まれているだけではありません。ヨーグルトやチーズなどに含まれている乳酸菌を動物性乳酸菌と言い、日本古来の食品には、植物性の乳酸菌が含まれることが多いのです。


植物性乳酸菌の食品は?

m004-035

日本で古来から食べられてきた食品には植物性の乳酸菌を多く含んでいるものがたくさんあります。この乳酸菌は発酵食品に多く含まれている成分となりますから、この視点から考えてみるとわかりやすいでしょう。例えば、発酵食品の代表と言えば、

  • 納豆
  • 味噌
  • 醤油
  • 漬物

などですね。こういったものは極一部となってきますが、昔から日本で食べられている食品です。中でもぬか漬けには多くの植物性の乳酸菌が含まれているのでおすすめです。ヨーグルトにこだわる必要はなく、実は普段から食べているという人も多いでしょう。

食事を日本食に見直すだけでも乳酸菌を多く摂ることができるのです。逆に洋食の場合には発酵食品が少ないということもありますから、洋食が主となっているような食事を摂っているような場合には日本食を取り入れてみるのもよいでしょう。

お味噌汁などは中に入れる具をかえれば飽きることなく摂ることができますし、漬物でもそうですね。漬物の場合には浅漬けなどではなく、ぬか漬けなどしっかり発酵している酸味が特徴となっているようなものがお勧めです。

醤油なども使わないという人は考えられませんから、意識することなく乳酸菌を摂っているとういことになりますね。 植物性乳酸菌は動物性の物よりも強く、腸まで生きたまま届きやすいのです。日本食は効果的な乳酸菌の取り方と言って良いでしょう。


乳酸菌をちょっとした工夫で摂りいれる!

m004-035

乳酸菌を意識して朝は必ずヨーグルトを摂るようにしているという人も多いことでしょう。でも毎日同じものとなると飽きてしまうという人もいますよね。

乳酸菌は一度摂ればずっとその状態が続くということはなく、その多くが排出されてしまいます。ですから続けて摂るようにすることが重要で、乳酸菌を続けて摂ることができるように工夫してみると良いですね。

そのために何ができるのか? 乳酸菌は発酵食品に多く含まれていますから、発酵食品を食事に摂りいれるようにしましょう。納豆や味噌など普段からなじみの深い食品に乳酸菌がふくまれていますから、上手に摂りいれるとよいですね。漬物では特にキムチなどは植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の両方を摂ることができる優れものともなっています。

このような発酵食品をあなたの毎日の食事に加え、効率よく乳酸菌を摂るようにしましょう。またサプリメントで手軽に補給するという方法もあります。自分に合ったやり方を試してみて下さい。


乳酸菌の摂り時

乳酸菌を効率よく摂るためには摂るタイミングというのも重要です。例えば朝、ヨーグルトを食べる時にはどんなタイミングで食べているでしょうか? 中にはヨーグルトだけ食べて終了という人もいるかもしれませんね。

朝などは空腹の状態で胃に食べ物を入れることになります。そのため胃酸の量も多いということになります。これではせっかくの乳酸菌も胃酸にやられてしまいます。

しっかり乳酸菌を摂るのであれば、空腹時を避けるようにした方がよいですね。おすすめは食事の最後に食べるようにすることです。

また乳酸菌を含んでいる食品に味噌や漬物があります。味噌は味噌汁として食べるようにすれば、毎食食べることも可能です。さらに最後に漬物などをつまむというのもよいでしょう。

せっかく意識して摂るようにするのであれば、上手に摂るようにして効率よく乳酸菌に活躍してもらいましょう。


乳酸菌を食材から効果的に摂るためには?

乳酸菌を食材から効果的に摂るためには?